長期優良住宅

従来の「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の社会は終わりました。

これからは「いいものを作って、きちんと手入れをして長く大切に使う」ストック活用型の社会への転換が必要です。

そのための、長期にわたり住み続けられるための優良な家づくり。


長期優良住宅もおまかせください

長期優良住宅の設計および認定申請もご対応いたします。
SHIBA建築工房による設計建物は、全て長期優良住宅認定をお勧めしています。


長期優良住宅とは?

いい家をつくり、
きちんと手入れをして、
長く大切に使う。

そのような家を作るため、以下のいくつかの項目を満たした家づくりです。


「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年6月4日に施行されました。
政府が普及促進している長持ちする住宅のことです。

耐震性能

jutaku-seinouhyoji-w400長期優良住宅の認定を受けるためには、通常の建築確認申請よりも詳細な構造設計のチェックが行われます。

具体的には、住宅性能表示、他にもとづく構造安全性の確認を行うため、長期優良住宅の認定を受けられた時点で、建物について一定レベルの安全性が認められたことになります。
すなわち、地震に強い建物という証明でもあります。

耐久性能

建物が丈夫で長持ちするような建物構造等になっているかが確認されます。

省エネルギー性能

建物の断熱性能などが一定の基準に達し、省エネ性能が得られているかが確認されます。


News 2021年(令和3年)

長期優良住宅の新築にてポイントが得られる支援策です。
国土交通省よりグリーン住宅ポイント制度が以下の通り発表されました。

新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。

令和2年12月15日から令和3年10月31日までに契約を締結した、一定の省エネ性能を有する(長期優良住宅など)住宅の新築などが対象です。条件により以下のポイントを得ることができます。

  1. 長期優良住宅の認定を受けた新築は、40万ポイントが得られます。
  2. 東京圏から移住、18歳未満の子3人以上の世帯、三世代同居仕様、他は100万ポイントが得られます。(※詳細は以下の国土交通省発表内容をご確認ください)

以下、国土交通省・グリーン住宅ポイント制度のリンクです。
>> 国土交通省・グリーン住宅ポイント制度について
>> グリーン住宅ポイント制度の概要(PDF1ページ)
>> スケジュール等について(令和3年1月28日発表・PDF1ページ)


長期優良住宅の金銭的メリット

登録免許税他の減額など税制上の優遇 (※)

※:以下の税額・比率などについては変更の可能性がありますので随時各機関にてご確認ください。

建物完成時等の登録免許税などが減額

・保存登記費用 :1.5/1000 → 1.0/1000 に減額。
・移転登記   :3.0/1000 → 2.0/1000 に減額。
・抵当権設定登記:1.0/1000 → 1.0/1000 (変わらず)
・不動産取得税 :1200万円控除 → 1300万円控除。

建物の固定資産税が減額期間の延長

・(戸建て住宅)1〜3年目:1/2軽減 → 1〜5年目:1/2軽減

建物売却時に高く売れる可能性

建物の安全性、性能などが証明され、建物維持管理についての住宅履歴情報があるため、建物売却時に安心して購入して頂ける材料が揃っています。


<< 塗り壁・左官仕上げ | 保証制度 >>