Q1.0住宅

断熱性能を高め、窓や換気の熱ロスを抑え、太陽エネルギーをより効率的に活用し、暖房エネルギーを減少させることでCO2削減に貢献しようとするものです。


Q1.0住宅とは

Q1.0(キューワン)住宅とは、一言でいえば超省エネの高断熱住宅です。

Q1.0住宅の基本となる高断熱住宅等について、民間の高断熱技術研究機関である新住協を中心に研究・開発・実践・検証が繰り返し行われてきました。そして、新住協はその技術を独り占めすることなく、お互いにわかちあうことで、より安価で高品質な汎用技術へと育ててきた経緯があります。新住協で得られた設計・施工技術は、オープンな技術として公開されています。

丁度よい高性能

SHIBA建築工房に建築相談に来られる方の中には、当初は大手ハウスメーカー等を調べて検討していたが、断熱・気密性能が意外に低いことが分かり、高断熱高気密住宅を調べ始めたという方が少なくありません。

しかしこのあと迷宮に入りがちで、UA値やC値だけで判断し、より高性能を求めてしまうケースがあります。
住む国や地域によって丁度よい衣服があるのと同じに、丁度よい断熱・気密性能があります。

暖房エネルギー計算ソフト QPEX

新住協らにより開発されたQPEXというプログラムにより、設計した建物の暖房エネルギーを比較的簡易に計算することができます。これにより、過不足のない断熱性能を知ることが可能となります。

例えば、天井上の断熱材をGW250mm厚から350mm厚に変えたとき、どのくらい暖房エネルギーが減るかが分かります。ここ横浜市においては、前述の例ではさほど暖房エネルギーが減らないケースが多くあります。
このように断熱性能に対して、どの程度費用をかけるのが適当かが数値を持って分かるため、むやみに高い断熱性能を追い求めることがなくなります。

丁度よい超省エネ住宅に

丁度よい高性能、それは超省エネ住宅をほどよい断熱・気密性能で達成すること。すなわち、過不足のない室温環境性能といえます。

床下エアコン

新住協の西方さんおよび新住協加盟工務店たちによって取り組まれてきた暖房技術。1階床下にエアコン暖気を送り込むことで、冬期の暖房をまかないます。

基礎断熱+床下エアコン

SHIBA建築工房は、空気集熱式ソーラー床暖房を1992年から取り組んできました。その当時から「床下断熱」を採用せず、「基礎断熱」をほぼ100%採用するに至っています。ここ南関東においては、基礎断熱の方が利点が多く、欠点として床下断熱に比較するとコストが少しかかることがあります。

この基礎断熱のもう1つの問題として、冬の1階床表面温度を高めるために、どのような暖房方式を採用するかがあります。それを解決する1つの方法がエアコンで全館空調(冷暖房)の技術です。

しかし全館空調(冷暖房)は初期費用が少し高いと考える場合に、新住協で取り組まれてきた床下エアコンがもう1つの選択肢になります。床下エアコンは比較的安価に実現しますが、全館空調の温熱性能と同等とはいえず簡易的な方法になります。

エアコンで全館空調(冷暖房)、および床下エアコンともに、高断熱・高気密・基礎断熱が必須の技術です。SHIBA建築工房は、1992年から基礎断熱を採用し、高断熱、そして高気密は年を追う毎に最適な性能を考え実践しています。

基礎断熱+床下エアコン

<< エアコンで全館空調(冷暖房) | 環境性能・耐久性能・メンテナンス >>