現代和風住宅

Japanese Modern House

伝統的な木組みに固執せず、科学された現代和風住宅

伝統的な和風ではなく、自然体の生活をイメージできる和風モダン住宅

 

和風住宅の良さの本質

身近にあるものの良さを客観視することは難しいものです。
和の良さを知ることも同じかもしれません。

多くの人生経験を積み、さらに和に対する愛着を深める。

または外国に渡り、異国の文化、生活、住宅を知り、その時初めて日本の良さを知る。
洋風住宅に憧れつづけ、そして本物の洋風を知ったときに、どのように感じ考えるのか。
多様な過程を踏み、住まいのスタイルを客観視できたとき、住まいの様式が明確になるように思います。

現代和風とは

和風建築は、棟梁・大工たち先人の経験により築き上げられた「木割術」などにより、柱の太さ、長押の寸法などを決める計算方法が受け継がれてきました。和室の美の比率といえるものです。

伝統を受け継ぐことは大切です。しかし、受け継がれてきた形・寸法。その所以を理解することなく単に形となり、次第に形骸化することも少なくないと思います。

現代風・モダンといっても、築き上げられてきた美のバランスを崩すことではなく、和の良さの本質を知ることで、新たな形をつくることが可能になるのではないか。このような考えを根底に、奇をてらわず、良い意味で伝統に固執せず、現代和風住宅をつくっていきたいと考えています。


室温環境

旧来の和風建築は、寒い家という記憶があります。
気密・断熱技術が発達した現在では、冬に暖かい和モダン建築を実現することが可能です。

高気密・高断熱の和モダン

高気密・高断熱にすることで、開放的な間取りでも、温度差の少ない室温環境となります。
断熱性能、気密性能は、設計と性能に記載の室温環境をベースとします。

全館冷暖房を採用すれば、更に温度差の少ない室温環境が、少ないエネルギーで実現可能。


木と自然素材

和風建築も、和風料理も、素材の良さを活かしてつくる点は同じです。
その大切な素材を吟味し、選択するために、日本各地の林産地を訪れ、その一部と直接取り引きを行っています。

詳しくは「木材・無垢の木」ページをご覧ください >>
木材・無垢の木
 

漆喰 塗り壁 左官仕上げ

和風住宅の壁の仕上げ方法は、なんといっても塗り壁などの左官仕上げです。
SHIBA建築工房は、多様な左官仕上げを得意としています。
詳しくは「木材・無垢の木 > 壁仕上げ」ページをご覧ください >>
漆喰、塗り壁、左官仕上げ
 


<< 保証制度 | 木の家Natural >>