耐久性能

丈夫で長持ちする家:耐久性向上の方法

頑丈な骨格

SHIBA建築工房は、デザイン面と、建物構造の骨格を同時に考えながら設計します。
間取り・プラン最優先の設計は、建物の骨格(木構造設計)に無理が生じるという「自由設計という名の落とし穴」があります。これをなくすため、プランと安全な骨格(skeleton)を並行して設計します。

strong-skeleton上棟時の骨格(柱、梁)をご覧頂ければ、コスト優先の建築物とは大きな違いがあることが歴然です。建物が完成すると分からなくなる部分をしっかり作ること。これは私共の哲学(Philosophy)でもあります。

そして、頑丈な骨格を持った建物は、数十年後、壁をはがすような大規模リフォームを行った場合、新たな価値もつ建物に生まれ変わることも可能です。


外壁通気工法

木材は、乾燥状態に保てば、長い年月にわたり健康な状態を保つ、すなわち耐久性が向上します。
柱などを乾燥状態に保つために、外壁にたまりがちな湿気を逃がす通気層を確保。これが外壁通気工法です。

別な効果としては、夏の日射により熱くなる外壁の熱が室内に伝わりにくくなることがあります。

塗り壁の外壁でも通気工法を採用

SHIBA建築工房ではあまり使用しませんが、サイディング外壁は、通気工法が簡単に施工できます。
より施工が煩雑になるモルタル、漆喰塗りなど塗り壁の場合でも、外壁通気工法を採用します。

2重の外壁防水

モルタル外壁が標準仕様のため、モルタル下地の防水紙(アスファルト・フェルト)に加え、通気構法面の防風透湿シートでも防水され、これらの2重の防水シートにより外壁からの水の浸入を阻止します。
そして万が一、外壁にひび割れが入ったとしても、外壁の内側の通気層に施工する防風透湿シートにより、土台・柱などの建物構造を雨や湿気から守ります。

シロアリ対策

シロアリ対策には、木材を薬剤処理する方法もありますが、シックハウス対策において、以前使用されていたような強い薬剤(クロルピリホス)の使用が規制されています。

木材表面に薬剤等の処理をする場合、現場で塗布する方法では、木材の表面から数ミリ(実験結果では1mm程度)しか染み込まないため、木材表面に自然発生する割れからシロアリが侵入する可能性があります。
木材表面の薬剤等の処理によりシロアリ対策を考えるのならば、工場で木材に薬剤を含浸させる「インサイジング処理」等を行わないと十分とはいえません。

物理的にシロアリの侵入を防ぐ

以上の問題点から、薬剤や木材の表面処理に頼らず、物理的にシロアリの侵入を防ぐことを第一に考えています。
ベタ基礎により地面から侵入する経路を断ち、地面からの基礎高さを40cm以上確保することです。

シロアリの巣(コロニー)を壊滅させる

物理的に防ぐ方法でも完璧とは言い切れません。そこで、万が一シロアリが侵入したとき、または侵入を防ぐためにシロアリの巣を壊滅させる方法、ベイト工法(セントリコン・システム)があります。
薬をまかずに巣ごと退治するシステム。薬剤を木材に塗布する等のバリアー工法に比べ、薬剤の使用量が非常に少量ですみます。
薬剤は特殊な容器に納めて地面に埋め込まれますので、人やペットが薬剤に触れる可能性はほとんどありません。

【従来の方法】
床下に防蟻剤を散布するのがいままでの防除工法。シロアリが家屋に侵入しないようバリアをつくる工法で、根本的な防除法ではありません。地中のコロニーは温存され、防蟻剤のバリアに隙間ができると再び侵入する危険性があり根本的な防除はできません。

しかし、シロアリを根絶することはできません

ヤマトシロアリなどは、日本の広い範囲に生息しており、敷地内のヤマトシロアリを駆除したとしても近隣から飛来してくるため、残念ながら根絶することは難しいと考えた方がよいと思います。
このため、話は戻りますが「物理的にシロアリの侵入を防ぐこと」が最も大切なことであると言えます。