外出自粛要請で味噌づくり

雑菌等が繁殖しにくい冬のうちに手作り味噌を仕込むつもりでしたが、気がつけば3月も終わり近く。これまでも何度か味噌造りをしてますが、行動に移すためには少し気合いが必要です。

コロナウイルスの感染が拡大していることで、不要不急の外出を控えるよう横浜市からも要請が。そして特に外出を控えるべきとされる週末に、今冬はじめての雪が降り、これを機会に味噌を仕込むことにしました。

我が家の味噌は、大豆0.9:米麹1.0の比率で辛口仕上げ。1:2程度の甘口仕上げの方がカビも発生しにくく楽と聞きますが、辛口でコクがある方が好みです。

大豆1.8kgは前日に洗い、15時間ほど水に浸し吸水させ、朝6時から大豆を煮始めます。9時頃に大豆は煮上がり、マッシャーでつぶして人肌に冷ました後に、生米麹2kgと塩800gを加えて、なめらかになるまでコネます。
味噌玉を作り、隙間が出来ないようホーロー容器にスパン!と投げ込んでいきます。この工程は少し気持ちいいです(ストレス解消になってるような・・・笑)。

Miso_soybeans-salt-Koji

表面を平滑にならしてカビ止めの塩を振り、空気に触れないようラップで覆い、重しの塩2kgを載せて完了。後片付けまで終わったのが10時半頃。

Miso_soybeans-salt-Koji

昨年作った味噌がまだ在庫してるため、今年はこの1セットで終了。
昨年・2019年1月は、3セット作ったため完了時は疲れが残りました。

この味噌が食べ頃になるのはおよそ1年後。その頃にはコロナウィルスの問題も解決に向かい、平時に戻っていることを願います。そして、そのときは美味しい味噌汁を頂きながら、オリンピックを楽しみに待っていることと思います。


【2020年4月_追記】
昨年・2019年1月に仕込んだ3セット目の味噌。熟成がこれ以上進まないように別のホーロー容器に移し替えて、冷蔵保存しました。
2019年に仕込んだ味噌