木材・無垢の木

美しく経年変化する家、
素材感を持った暖かみのある住まいをつくるために、
材料選びを大切にしています。
そして、安全な建物と、安心な室内環境をつくるために、
よい材料を厳選しています。


▼骨組みの木材▼内装の木材▼安心な塗料

自然の木

trg-yoshinoDSC00060
SHIBA建築工房は、いくつかの林産地へ訪問した上で、産地直送で木材を取り寄せて家づくりを行ってきました。上の写真は、奈良県吉野に訪れたときのものです。
産地直送だけでなく、木材市場から取り寄せるなど、条件に応じて最善の方法を選択いたします。


骨組みの木材・無垢の木

家の骨格となる構造用木材で主なものは、土台、柱、梁です。
以下に、構造に用いる木材(無垢の木)の一部をご紹介いたします。

国産木材の代表格、桧(ひのき)です。
写真の右側に見えるのは、桧の5寸角(15cm角)の柱です。(東戸塚の家No.5)
手前側にスリットが入っているのは「背割り」という加工です。無垢の木のため、無秩序に柱が割れないように、あらかじめスリット加工を施しています。なお集成材は、このような背割り加工は行われません。
桧の柱
桧は、耐久性、防蟻性が高く、木材を乾燥させることが比較的容易で、日本の風土に合った優れた木材です。
桧は特有の香りがありますが、経験上この香りを好まない方は、比較的少ないです。

下の写真は、桧の柱と、桧の床板を用いた無垢の木の家です。
桧の家

国産木材の杉です。
一番手前に見える梁(水平の木材)は、とても綺麗な表情をしており、この梁は完成後も、そのまま化粧で見える状態になります。
【クリックで拡大します】
杉による構造骨組み

このように木材は適材適所で使い分けます。

また杉は、「杉」という呼び名しかありませんが、一種類ではなく、非常に多様な種類が存在しています。このため、産地や個体差による表情・色に大きな違いがあります。

国産木材の松(赤松)です。
丸太の形を一部残した状態で仕上げられています。木材全体のゆるやかな曲がりを、そのまま用いることで自然さをより感じられる造りになります。
赤松の丸太梁
下の写真は、梁に赤松を用いた家です。
赤松を用いた家

米ヒバ

外国産の木材、米ヒバです。
土台などにも用いることも出来ますが、耐候性が高いため、SHIBA建築工房ではウッドデッキなど屋外によく用います。
米ヒバのバルコニー
米ヒバは、表面が滑らかで手触り感がとても良い木材です。固有の香りがありますが、青森ヒバほど強いものではありません。


産地直送・木材のメリット

価格比較だけでは分からない、木材の質や色などを把握できます。市場には出回らない特殊な木材も入手可能になり、設計の自由度が増します。
産地直送の木材

天然乾燥の木材

下の写真は、木材を積み重ね、天然乾燥を行っているところです。天然乾燥にこだわり、人工乾燥(乾燥機による木材乾燥)は最低限におさえている林産地の製材所です。
木材の天然乾燥
天然の木を愛する方は、天然乾燥だけで済ませたいと考える方が多いと思います。天然乾燥の方が、人工乾燥よりも木材の色艶がよいなどの利点があります。しかし、エアコンなどで特に冬場の室内が過乾燥になりがちな環境は、木材にとってもやや過酷な条件で、木材の乾燥が十分でないと乾燥収縮によるひび割れなどにつながります。
しかし、多少のひび割れは構造上の強度には問題が無いことが確かめられていますので過度な心配はいりません。

人工乾燥の木材

下の写真は、木材乾燥機の一例です。木材をこの中に入れて、木材中の水分を減らします。
木材の人工乾燥 木材乾燥機
木材の乾燥技術が発達したことにより、品質の安定した木材を入手することが可能になりました。
木材を乾燥機で人工乾燥することで、木材の色艶が変わるマイナス面もありますが、それ以上に、木材が乾燥することのプラス面の方が大きいです。

その一つは、乾燥が十分でない木材は、長期に渡り、木材に直角方向に重さが加わることで曲げ変形を起こしやすくなります。これをクリープ変形と言いますが、木材を十分に乾燥することで、クリープ変形を起こすことが少なくなります。

また乾燥が十分でない木材が乾燥収縮することで、建物各部の変形につながり、機能上に支障が出る場合があります。


構造用 集成材

木材を板状に加工したものを、接着剤で貼り合わせて1つの木材にしたものが集成材です。価格が昔より下がったこともあり、近頃は大手ハウスメーカーを始め、多く使われるようになったことから目にすることが多いと思います。

構造用 集成材
ひとかたまりの無垢の木材を乾燥することに比較して、板状の小さな木材の乾燥は容易にできます。この乾燥された小さな板(ラミナ)で構成された集成材は、含水率を低く(乾燥した木材に)作ることが出来ることが分かります。

また『無垢材の方が、集成材よりも強度が高い』などと書かれているのを見たことがありますが、これは複数の点において誤りがあります。無垢の天然木材は、とても強い木材もあれば、弱い木材も存在します。

集成材の目的の1つは、強度上のバラツキを小さくすることにあります。集成材は、複数の板材(ラミナ)で構成する積層効果により強度上のバラツキを小さくすることが可能になります。このため、ラミナ材を管理することにより、バラツキという意味において集成材は極端に強い材もできなく、反対に極端に弱い材もできません。

そして集成材は強度区分により、ヤング係数(応力に対する歪みの度合い)という数値が明示され、このことより構造計算で数値化が可能になり、設計上の必要強度により適切な強度の木材を選択することが可能になります。


 

内装の木材

床、そして壁、天井に用いる木(板)の一部をご紹介します。
無垢の板は、様々なものを入手した上で、良い製品を厳選しています。
価格だけでは分からない、仕上がり具合や加工精度などを確かめています。

無垢の板

多くの種類がありますが、代表的なものを一覧で以下の写真に納めました。
無垢の木・床板
無垢の板は、湿気の吸放湿による伸縮があるため、これを理解した上で使うことが大切です。
そして1枚1枚、木目の表情が違うのが無垢の板である証明です。

広葉樹

床板などに用いられる広葉樹はたくさんの種類があり、杉などの針葉樹に比べ堅い性質を持ちます。このため、床板の耐久性を求められる、椅子・テーブルなど家具中心の生活に向いています。

ナラ

厚さ15ミリのナラ材の板です。15ミリの厚さを持つ無垢の床板は、表面が多少削れても、中身まで本物のため極端に色が変わったりすることはありません。また、合板フロアが湿気で剥がれるように朽ちるような変化はありません。年月と共に深みを増していきます。

ナラの床板

ナラの木は、強度と耐久性を持ち合わせ、あくの強くない表情は、様々なインテリアに合わせやすく、床板の定番とも言える木材です。

ナラの床板

ウォルナット  Walnut

ウォルナット(クルミの木)は高級木材。表面の滑らかさには少し欠けますが、落ち着いた雰囲気をつくることができ、モダンな住まいに似合います。
ウォルナットの板 walnut

ウォルナットの床板 walnut

ホワイトオーク  White Oak

綺麗過ぎず、粗過ぎず、高級感を持ち合わせた、とても良い質感を持つ木です。
年月と共に質感を増すような、重厚さを感じさせる木です。
ホワイト・オーク White Oak
ホワイト・オーク White Oak

タモ

ナラやオークに比べて、木目がハッキリとした表情の木です。
タモ

メープル  Maple

楓(カエデ)の木。淡い色合いと、光の当たり具合で美しく反射する木目が特徴で、他の木にはない色合いと表情を持ち合わせています。
メープル Maple
メープル Maple

ブラック・チェリー

緻密で滑らかな表面。光の当たり具合で僅かに反射する木目は、日本の桜の木に似ています。
black cherry wood

チーク  Indonesian Teak

インドネシアで植林されたチーク。薄い色合いのため、床全体に張ったとき色の濃淡が少し目立ちますが、これも自然の味わいです。
チーク Indonesian Teak

チーク  Myanmar Teak

客船の甲板などに使われてきたチークは、水に強く、とても耐久性に富んだ高級木材です。
チーク Myanmar Teak

カリン

堅牢なチークよりも少し重いカリンは、硬度が高い木材。高級な床板ですが、赤みが強い色合いから、部屋全体のカラー・コーディネートが少し難しいかもしれません。
カリン

Black Wood

カリンよりも更に重い Black Wood は、堅牢で耐久性に富んでいます。店舗などでの靴を履いての歩行も可能。黒ベースの色合いはシックで、室内の木部を濃い色で仕上げ、ホワイトの壁を組み合わせることで、お洒落で落ち着いた空間を作ることが可能です。
Black Wood


針葉樹

建物の骨組みに使われる木材は、ほとんどが桧、杉などの針葉樹。この桧、杉は、日本の針葉樹の代表格です。針葉樹は、ナラなどの広葉樹に比べて表面が軟らかく傷が付きやすいのが難点ですが、その反面、触れると暖かみを感じる木材が多いことが特徴です。

桧・ヒノキ

国産木材の桧の板は、表面が滑らかのため素足で気持ちがいいです。
SHIBA建築工房事務所にも床板に用いてますが、椅子などの傷がやや付きやすいことが難点です。
桧の床板

国産木材の杉の板は、軟らかく、そして素足で暖かさを感じる木です。
しかし杉は傷が付きやすい木材のため、これを理解した上で選択することをお勧めします。
杉の床板

パイン

外国産木材のパインは、軟らかい部類に入りますが、杉ほどは傷が気にならない木です。
パインの床板
パインは、比較的リーズナブルな床板ですが、床板加工済みの製品として輸入されることが多いため、品質と加工精度に大きな違いがあることを経験しています。このため、床板の入手先は限定しています。

青森ヒバ

青森県が産地の青森ヒバ。杉と同様に軟らかく暖かみのある木です。
青森ヒバの壁板
写真は、室内の壁に用いたものです。青森ヒバは、抗菌作用のあるヒノキチオールを多く含んでいます。青森ヒバ特有の香りを、好まない方がやや多いため、使用を決定する前に実際に臭いを嗅いでみることをお勧めします。

唐松・カラマツ

国産木材の唐松の産地は複数ありますが、写真は長野県産のものです。少し杉に似ていますが、良く木目の表情を見ると見極めることができると思います。
SHIBA建築工房事務所の壁、天井に使用しています。
唐松の天井板
上高地の梓川の畔にあるカラマツ林で、美しいカラマツの紅葉を見られることでご存じの方もいらっしゃると思います。


 

安心な塗料

無垢の木に塗る塗料をご紹介します。特に室内に用いる塗料は、室内の空気が塗料の揮発性物質で汚染されないように考える必要があります。このため、SHIBA建築工房では1996年頃から自然系オイル塗料を用いてきました。

LIVOS , OSMO Color

塗料に含まれる揮発性有機化合物を考え、室内の塗料には、より安全な塗料として主にOSMO、および LIVOS を使用しています。

livos paintOSMO paint

蜜蝋ワックス

蜜蝋ワックスD.I.Y.がお好きな方は、仕上げの拭き取り作業が少々大変かもしれませんが、蜜蝋ワックスもお勧めします。

キシラデコール

屋外のウッドデッキなどの塗料として優れており良く用いてます。ホームセンターなどでも常備しています。


私・柴は、LIVOS, OSMO, 蜜蝋ワックス、キシラデコールの全てを自分自身で塗布した経験があります。弊社にお越し頂いた際に聞いて頂ければ、より詳しくお話しいたします。