横浜市・吉野杉の平屋

家庭菜園を楽しむ、生き生きと生活する和の家

お客様は、家庭菜園をされ、趣味は旅行、登山と大変行動的な方です。特に旅行はほとんどの国にいかれたのではと思うほど。
建物のご要望として「和風」「平屋」「無垢の木」などがありました。ご要望を伺っていく中で奈良県吉野杉をご提案し、採用頂くことになりました。そして私と一緒に奈良県吉野に訪れ、吉野の山林や製材された吉野杉などを見学しました(以下にその写真があります)。
お客さまは、以下の理由から、設計事務所と大手住宅メーカーに依頼する気持ちはないというお考えでした。
設計事務所は、設計者の作品になりがちで、自分の考えが尊重されないことが多いこと。写真写りを優先的に考えて、掃除のしやすさなど、生活する立場になって考えてくれないこともひとつ。
大手住宅メーカーは数社に相談したが、設計をとにかく早くまとめて、契約を急ぎたがること。その設計が満足のいくモノでないこと。
これらの理由から、設計提案能力がある、近隣の安心出来る工務店を選びたいというお考えで、複数の工務店を回られました。

概要
所在地 : 横浜市戸塚区
建物構造: 木造軸組工法・平屋
木材全般: 奈良県吉野杉を産直
床板  : 桧無垢板
天井板 : 吉野杉無垢板
室内壁 : 土佐漆喰塗り
外壁  : 外壁通気工法、モルタル塗り、ジョリパット仕上げ
屋根  : 鋼板葺き


アクティブな生活

老後を配慮した設計となっていますが、新築当時、若者を凌ぐほどアクティブな生活を過ごされています。
世界各地へ飛び自然を楽しむ旅に出られたり、日本では登山を楽しまれています。
お家では、広いお庭で家庭菜園を作られています。農具や登山道具をしまうため作られた「土間」が大活躍。
在宅時もアクティブに行動出来るような設計になっています。



(※スキャナー読み込みのためモアレが出てます。ご了承ください)

台所から、菜園器具や登山用品を保管する土間の部屋に繋がります。
キッチンは製作品。


奈良県吉野への訪問と、木材の産地直送

大変行動的なお客さま。奈良県吉野の杉を用いることに決まった際、迷わず一緒に奈良へと行くことになりました。
木材を積み上げて自然乾燥させている状況や、山々を見て、お客さまだけでなく、私も木々からエネルギーをもらいました。

製材され自然乾燥中の吉野杉・梁材


山で伐採された吉野杉をヘリコプターで運び出してました。


上棟時の様子

吉野杉の長さ約10mの磨き丸太を梁に用いました。10m長さの木材を搬入できる道路・敷地条件は限られます。

一覧ページへ戻る >>