自然の通風

自然の通風を得るために

機械に頼ることなく、自然の力で通風を得て換気するためにはどうしたらいいか考えてみます。

季節風をとらえる

気象データ・横浜・月ごとの平年値s日本国内でも地域によって、その季節に吹く風向きは異なるものです。
ここ神奈川県横浜市では、夏には南西方向からの風が多く吹きます。
天気予報で「本日は太平洋からの湿った空気が南寄りの風にのって・・・」という言葉を毎年何度となく耳にします。このような風は、正確には「卓越風」といいますが、日常生活ではあまりつかいませんね。(右表は「気象庁統計情報によりExcelにて作成)

風を室内に入れるためには出口が必要

この風を室内に導き入れるためには、風の入り口となる窓だけではなく、出口の窓を設けることが大切です。北側の窓は小さくなりがちですが、出口となる窓をほど良く設置しないと風は通り抜けてくれません。

風向きは季節風(卓越風)の向きに吹く?

weathercock家の回りには隣家や障害物がなければ、ほぼ季節風の向きに風が吹きますが、風上に隣家や大きな障害物があったり、道路などで風向きは変化してしまいます。

向きが少し変化した風を導く方法

南面は、開口部を設ければ特に工夫しなくても風は入ってくれるでしょう。しかし側面となる東・西面は袖壁状のもので風をキャッチするなど工夫が必要になります。
様々な具体例がありますが、長くなりますのでここでは触れません。

以上は風圧を利用した通風です。

温度差を利用した換気

風が吹いてないときでも、自然の力で換気をすることが可能です。

暖かい空気は上昇する

暖かい空気は上昇することをご存じだと思いますが、これを利用して室内の空気を排気することが可能です。暖かい空気には浮力が働きます。「熱気球」はその力を利用しています。

煙突効果

2003_1004_082802AAこのような空気が上昇する力を利用して、天窓などで排気し、その分を下側の窓から空気を取り入れます。この方法は、弊社事務所建物だけでなく、いくつかの実例で効果を確認しています。
(右の写真は「横須賀の家」での実例)

通風は大切。でも暖房・冷房も忘れてはいけません

風の通り道を最優先し、間仕切りのない大きな空間や吹抜などを設けることは、暖房や冷房にとっては効率が悪くなることが多く、全体を考えながら空間を設計することが必要になります。

自然の換気量はどれくらい?

自然換気量は計算できる

正確ではありませんが、上記の風による(風圧)換気と、温度差による換気の換気量を計算により求めることができます。

空気は重たい?

換気量の計算を行うとき、ベルヌーイの式というものが出てきます。
Bernoulli-equation
この一番左の項「(1/2)ρV2」流速(動圧)を用います。
この式にある「ρ:空気密度」の数値を入れて計算しますが、空気の密度はおよそ 1.2 [kg/m3](1メートルの立方体の空気重さが約1.2kg)と予想以上に重いことに驚かれると思います。

自然換気だけで大丈夫でしょうか

概略の自然換気量が求められたとしても風は不安定ですし、温度差による換気は、室内と屋外の温度が小さくなると共に換気量も小さくなります。
このように自然任せの換気は安定せず、換気量の調整が簡単ではないため「計画的な換気」には十分ではないと言えます。

風鈴しかし夏場に涼を得るための「風」は心地よいものです。
後日の記事にて「涼を得るための通風」を考えてみます。

学びは endless

日本で多く使われる「Jounal」の意味として「専門誌・会報」的なものが多いと思われます。
当サイトの「Journal」は、一般のBlogとは違う位置付けとすることを意図して名付けましたが、Journal の意味の一つである「日誌」寄りな専門記事にしたいとの考えがありました。その中でも、できるだけ一般の方に分かりやすい言葉でお伝えしたいとの気持ちがあります。(こまめに発信するBlogは苦手であることもお伝えします。)

さて今回は日誌的な投稿になりますが、2011年4月より大学院に社会人入学し、仕事よりも勉強・研究にウェイトを置いた2年間を過ごして参りました。入学前の勉強も含めると3年間になります。その過程に成果の一部を Journal に投稿しようかと考えながらも全く時間的余裕が無く、ウェブサイト(ホームページ)は約3年間放置したままでした。

この2年間で可能な限りのことを会得しようと頑張りましたが、勉強すればするほど、自分の知らない世界がどんどん広がり、また更に新たな勉強をしたくなることの繰り返しでした。2013年4月、博士課程に進学し研究を続けることになりましたが、少しずつ整理を行い、実践に活かしていきたいと思っています。

Tokyo-univ.木材のこと、木構造のこと、その他、理論と本質の一部を知ることができました。
世の中ではインターネットで氾濫している情報だけではなく、木材・建材等として販売されているものの中にもグレーゾーンのものがあります。これらを知った上で、「建材メーカーの宣伝をする工務店」になるのではなく、独自の力、そして優秀なブレーンの方々のお力を借りながら地道に木造建築の可能性を追求していきたいと思っております。

法隆寺 日本最古の木造建築

2013年5月のウェブサイト・リニューアルに伴い、旧ウェブサイトにて紹介していた、奈良県・法隆寺に訪れた時のレポートを、このJournalに移設します。(2013年5月6日)

探訪記

法隆寺

2003年3月、初めて奈良県斑鳩の法隆寺を訪れました。
宮大工棟梁・西岡常一氏の著書をもとに、西岡氏の足跡を辿るように法隆寺を堪能しました。
一人、法隆寺の駅に降り立ち、あまりに質素な駅舎に驚きました。駅からは徒歩で法隆寺へ。

大きな地図で見る

略歴などは法隆寺Webサイト<http://www.horyuji.or.jp/>をご覧頂くして、私が法隆寺を訪れたことの目的は、日本最古の木造建築であること以外に、著名な宮大工である西岡常一・棟梁の著書に書かれている法隆寺の詳細を、この目で確かめたかったからでした。

駅からの道程に、法隆寺Informationセンターがあり、法隆寺をつくり上げる過程や、宮大工棟梁「西岡常一」に関する展示もあり、法隆寺見学前の知識を得るに良い所でした。

informationcenter

日本最初の世界文化遺産 法隆寺

0309_120856AA

2003_0309_120645AA 2003_0309_120757AA

▲「中門」 右はアップ写真。金剛力士像は隠れていますが、私が撮影したかったのは、エンタシスの「柱」。

▼「廻廊」飛鳥時代のものという。 梁は虹梁(こうりょう)と言い、虹の一片を切り取ったような美しい形をしているもの。
束は人形束などと言い、棟の荷重を分散し2本の柱に伝えるようにしているとのこと。これは西岡さんの著書を手に取りながら眺めていたのですが、先人の知恵に感心しきりでした。

2003_0309_121246AA

2003_0309_121212AA

▼同じく西岡さんの本に解説がある廻廊の格子。自然の形のままの木材を使っているのか不揃いですが、それがかえって自然さを感じさせます。

2003_0309_121536AA

▼下は新しい時代・室町時代につくられたという廻廊。梁も真っ直ぐに製材された木材を用い、太くなっています。そして人形束の中心に垂直の束柱が入っています。右の写真の格子も真四角に均一に作られています。前の飛鳥時代のもとと比較すると面白味に欠けると感じます。

2003_0309_122257AA 2003_0309_124254AA

▼もう一度、飛鳥時代の廻廊。比べると全く違います。 西岡常一氏の著書を読みながら廻廊だけでもかなり楽しめます。
私のように廻廊だけで長時間見ている人は見あたりませんでしたが…。
「虹の一片を切り取ったような美しい形」という言葉を実感。
2003_0309_123649AA
▼手前に見えるのが「金堂」

2003_0309_124357AA

▼「金堂」 法隆寺のご本尊を安置する殿堂。
2003_0309_124536AA

▼そして「五重塔」
2003_0309_125002AA

▼支えている「○○の下の力持ち」は遊び心からなのでしょうか。
2003_0309_125158AA

▼最初に出てきた「中門」を内側から見る。
2003_0309_125813AA

古代ギリシャ・ローマ建築に見られるような美しいふくらみを持ったエンタシスの柱ですが、流石に外部に面する部分は風化が進んでいました。
2003_0309_125915AA 2003_0309_130321AA

▼「夢殿」聖徳太子の一万円札が無くなってから目にする機会が減りました。
八角形の不安定な屋根を天辺の重い宝珠で押さえ込んでいるとのこと。
2003_0309_132109AA

2003_0309_132731AA

虹梁の上に「かえるまた」が組まれて桁や棟木を受けている。天平の建築。この時分の建築は天井がないため屋根裏が天井。そのため、タル木が棟まで見える訳

とのこと。
この解説を読み、時代は輪廻していると感じました。

▼西岡棟梁が作った鎌倉様式の手水舎(ちょうずしゃ)
※写真にある小さな文字は、忘れないように撮影当時書き入れたもの。6年が経過してから、この探訪録をつくれるものこのお陰です。

2003_0309_133241AA 2003_0309_134840AA

「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」

旅の楽しみの一つは、その場所特有の「流れている時間」を感じることです。
ここを訪れて、ゆったりとした時間が流れていることを感じ入りました。
正岡子規の有名な句は、このゆったりとした時間の流れ故に生まれたのだろうと思いました。

▼法隆寺を西大門から出て、西岡棟梁の著書に出てくる西里集落の町並みを歩きました。
2003_0309_135211AA 2003_0309_135258AA

お勧めの本:『木に学べ』 著者:西岡常一

book_kinimanabe法隆寺を訪れる際、新幹線でこの本を読みました。
記憶が新たな内に訪れる、この方法は最良であると実感。
この本は、法隆寺を訪れる数年前に購入し、ずっと本棚で眠っていました。

もし建築にもご興味があるのでしたら、法隆寺を訪れる前に、この本を読まれることをお薦めします。
「廻廊」だけでも沢山の時間を楽しむことが出来ます。

いくつかの神社仏閣に訪れていますが、ここ法隆寺は大変好きです。
ゆったりと流れる時間を味わいに、また訪れたいと思っています。

柴 好弘